水に浮かんで寝ることができるウォーターベッドの魅力とは

ベッドといえばマットレスが敷いてあります。マットレスの中はスプリングコイルのようなバネが主流です。硬いスポンジを使っているものもありますね。このマットの中を水にしたものがウォーターベッドです。水の上に浮かんで寝るなんて想像しただけでリラックスできて気持ちよさそうだと思いませんか。もちろん想像通り寝心地はとてもいいのです、その理由は科学的に解明されています。人の体にはおうとつがあります。硬いマットですとおうとつによって力のかかり方が違ってきます。パスカルの原理が働き、水の場合は表面全体でカラダを支えるので、体全体を包み込むようにしっかり支えることができるのです。腰痛のある人などは寝ている時に負荷が軽減されるので気持ちよく眠ることができます。また魅力はそれだけではありません。ヒーターを備えてあるので冬は暖かく眠ることができるのです。もちろん夏はひんやりですね。子供の頃、水の上にプカプカ浮いたまま寝ることに憧れたりした人もいるのではないでしょうか。そのあこがれのものが現実になり、その上体への負担が少なく深い良質な睡眠を得ることができるのがウォーターベッドです。もしかするとお母さんのお腹の中では羊水の中に浮かんでいたのですから、その頃の遠い記憶がより安眠に導いてくれるのかもしれません。

ウォーターベッドの寝心地について

ウォーターベッドというものを聞いたことはありますか。セレブのお宅特集や、漫画などではお金持ちが持っているものという印象が強いものですが、実は意外とそうでもありません。もちろん、安いものはお値段相応であるということは頭に入れておかなければいけませんが。それでも、2万円を切るようなお値段のウォーターベッドもあるのです。寝心地としては、合う人と合わない人がいることは念頭に置いておくべきでしょう。柔らかくて非常に気持ちいいという方もいれば逆に、柔らかすぎて落ち着かないという方もいらっしゃいます。自分に合うかどうか、まずは試すことができる店頭に行ってみるのが良いでしょう。また、店頭に行けば店員さんから詳しいお話を聞くこともできます。専門店であれば、きちんとした知識を持った店員さんから、貴方に合う製品を案内してもらうこともできるでしょう。さて実際にウォーターベッドで眠った人の感想ですが、いくつかのレビューを見て回ると、横になった時のふわふわとした浮遊感が良いという人が多いようです。寝心地については人それぞれで何とも言えないようですが、眠りたいというほどではなく、ただごろごろしたいという時には最高の寝心地のようです。

Blog Home